人気の婚約指輪の宝石

どんな婚約指輪がもらえるのかって女性にしてみたら、わくわくしてしまいますよね。

今は結婚式にお金をかけないという人もいるので、婚約指輪もそうなのかな?と思うと、結婚式は挙げないけれど婚約指輪は準備するというカップルも多い様です。

記念にもなるし、一生ものとなるのですから、大事に思っている人が多いのかもしれません。

そんな婚約指輪ですが、多くの人がイメージしているのはダイヤモンドがあしらわれたデザインのものでしょう。

確かにダイヤモンドは宝石の中でももっとも硬く壊れないということから、永遠の愛を誓う婚約指輪にはぴったりのものだし、その見た目の美しさと価値は無くなることはありません。

よって、ダイヤモンドは婚約指輪にあしらうのにとても人気があるということなのでしょう。

ダイヤモンドには4Cといって、カラー、カラット、クラリティ、カットの四つの基準で価格が決められています。

カラーは透明度が高くなれば高くなるほど、カラットは重さが重くなればなるほそ、クラリティは不純物が少なければ少ないほど、価値が高くなります。

カットはエクセレントというグレードが最も高価なものになります。

ダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪の場合、このダイヤモンドがどのグレードであるかということが価格の相場を左右すると言っても良いでしょう。

また、婚約指輪にはダイヤモンド以外に誕生石を選ぶ方もいます。

特にダイヤモンドでなくてはならないという決まりもなく、多くの人と同じ様なものではなく自分らしい婚約指輪が良いと考える人は誕生石にする人もいます。

自分の誕生石を身につけることで運気が上がるともいわれているので、誕生石の婚約指輪も人気があり、おすすめの一つです。